ディック・ナッシュ

2005年10月30日 (日)

<発掘レコ 第3回> ヘンリー・マンシーニ/マンシーニ ’67(日本ビクター)SHP-5594

ジャズのマインドで練り上げられた役どころに、しかるべき役者を配する。マンシーニは、見事な演出家なのだ。
   
マンシーニが好きだ。マンシーニがよく使うあのコーラスが「ほわわ~ん」と流れてくると・・・僕は、そこはとなくシアワセな気分になる。そうして、そのいい気分がしばらく心に残る。映画音楽としてマンシーニが作った曲は、どれもシンプルで覚えやすいメロディを持ち、知らぬ間にハミングしてしまいそうな、素敵な曲ばかりだ。本当にいい曲が多い。

しみじみとした情緒のあるタイプの曲・・・例えば<ムーン・リヴァー>~この曲はオードリー・ヘップバーンでも唄えるように、狭い音域の中で作ったメロディだそうだ~あんな風に・・・本当にシンプルで、唄いやすくて、しかも、しみじみとした情緒がある・・・こんなにいいメロディってめったにない。<ムーン・リヴァー>というと・・・1970年頃だったかに、NHKで放送していた「アンディ・ウイリアムス・ショウ」を想いだしてしまう。あの番組のテーマで、いつもこの曲が流れていたのだ。日曜日だったかなあ・・・毎週、この番組を楽しみにしていた。僕の家のTVはまだ白黒だったが、音楽好きの友人が「アンディウイリアムスの目は青いんだぞ!」とうれしそうに教えてくれたりした。

マンシーニのもうひとつの面、キャッチーなメロディを持つユーモラスなタイプな曲・・・例えば<ピンク・パンサー>~これは、あの「泥棒が抜き足差し足・・・」という感じのメロディが、すぐ印象に残ってしまう曲だ。ちなみにあの中のテナーサックスのソロは・・・プラス・ジョンソンという人だ。マンシーニという人は、「曲の演出」がとても巧い人だと思う。それぞれの曲に合ったアレンジ~どんな風にスポットを当てるか?どの場面でどんな楽器を使おうか?~そんなことを巧みに考えているのだと思う。<ピンクパンサー>のテナーは、やはり・・・あのプラス・ジョンソンの、ちょっとアクの強いちょっとお下品なな感じ(笑)の音色で吹かれるべき曲だったのだ。ピタッとはまった演出、という感じがする。仮に・・・この<ピンク・パンサー>のテナーがコルトレーンだったとしたら・・・ほらっ、どうにも違和感があるでしょう(笑)

僕は長い間、こんな風に映画音楽の作曲家としてのマンシーニしか知らなかった。映画音楽だけでも、もう充分に素晴らしいマンシーニなのだが、実は、彼には深いジャズ・マインドがあるようで、「ジャズのテイストあふれる」レコードをたくさん創っているのだ。有名なところでは、アート・ペッパーも参加している「Combo!」というのもあるが、今回は~もう少しポピュラー風だが「ジャズ」を感じさせる~そんな盤を何枚かを紹介したい。mancini_2cut_001

マンシーニ’67(日本ビクター) この盤は、95年3月、普通の中古盤屋さんで入手しているので、特に「発掘レコ」とも言えないのだが、価格が1100円という微妙な?値付けだったので、いわゆる「ラウンジ系のレア盤」みたいな扱いではなかったはずだ。ペラペラのジャケットと細身のオビに惹かれるものがあったし、「サテン・ドール」「いそしぎ」「ラウンド・ミッドナイト」などジャズの曲も多めに入っているので、ちょっと迷ったが入手したのだ。裏解説には・・・「ジェリー・マリガンを思わせるバリトンサックス」とか「有名なスタジミュージシャンが起用されている」とか書いてあるが、はっきりとしたミュージシャンのクレジットは一切なかった。さて、聴いてみると・・・どうにもジャズっぽい。「サテン・ドール」のエンディングの部分では、どう聴いても・・・レイ・ブラウンじゃあないか!というウッドベースも飛び出てくる。それから「いそしぎ」でテーマを吹くトロンボーンはディック・ナッシュだろう。後に、マンシーニのRCA盤がまとめて復刻された際、この「マンシーニ’67」も出たはずだが、その詳しいクレジットによると・・・ベースはやはりレイ・ブラウン。「ジェリー・マリガンを思わせるバリトンサックス」の正体は・・・バド・シャンクであったように記憶している。

もちろん、他にもいい盤がある。
Uniquely Mancini(RCA Victor:LSP-2692)1963年。この盤は、地元「ラビットフットレコード」のラウンジ系コーナーで入手した。Victor犬ラベルのステレオ盤で、キッチリしてとてもいい音質だ。サブタイトルが、The Big Band Sound of Henry Manciniとなっており、<Lullaby of  Birdland><C jam blues><Stairway to The Stars>などジャズっぽい曲も多い。ソロイストには、プラス・ジョンソン(ts)、テッド・ナッシュ(as)、ロニー・ラング(fl)、コンテ・カンドリ(tp)、ディック・ナッシュ(tb)、ヴィンセント・デ・ローズ(french horn)などが、うまいこと配置されている。 好きな1枚だ。mancini_2cut_002

The Mancini Touch(RCA Victor:LSP-2101)1959年録音。   この盤もなぜか地元の「こんぱく堂」で入手。こんな地味なオリジナル盤が、どうして地元トヨハシにあったのだろうか? 余談だが、あるレコードがたどる軌跡というものには・・・ほんとに興味深いものがある。

この盤は、ストリングス入りではあるが、ナッシュ兄弟、ロニー・ラング、ヴィクター・フェルドマン(vib)、ジョニー・ウイリアムス(p)、それからシェリーマンなどがクレジットされている。おもしろいのは、そのクレジットが「ソロイスト」ではなく、「Featured Performers」とされていることだ。純粋なジャズではありませんよ、という意味合いだろうか。まあ、呼び名はなんであっても、少しでも「その人」の演奏が聴ければいいのだ。バラードで演奏される<my one&only love>がいい。イントロや間奏にボブ・ベインのギターが少し入るが、主メロディは・・・これまたディック・ナッシュではないか(笑) 
思うに・・・マンシーニは、トロンボーンという楽器を、すごく好きなんだろう。スロウなしみじみ曲では、たいてい、トロンボーンがメロディを吹く。

Our Man In HollyWood(RCA Victor:LSP-2604)にも、いい曲が入っている。<two little time>だ。センチメンタルな感じに溢れたメロディを吹くのは、やはり・・・ディック・ナッシュ。とろけるようなボントロの音色が素晴らしい。しみじみとしたこの曲の味わいが、この音色でより一層、映えるようだ。

きりきりとしたジャズではないが、しゃれた演出(アレンジ)で、腕利きのジャズメンが気の効いた短いソロをとる~こんなゆったりとした味わいのヘンリー・マンシーニの音楽を、僕は大好きだ。 
それにしても・・・世の中には「いい音楽」がいっぱいだ。これだから、レコードは止められん。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A&M | ABC paramount | Alex de Paola | Argo | Bel Canto | Bethlehem | Candid | Clef | Columbia | Concert Jazz Band | Contemporary | Coral | Decca | Discovery | division of Liberty | Dootone | Dragon | Emarcy | Epic | ESP | Fantasy | Hal Valentine | Hi-Fi | I'll never be the same | Impulse | Intro | Jack Higgins | JAZZ HERO'S DATE BANK | Joday | Keytone | Liberty bluenote | Mode | my fevorite things | Nocturne | Norgran | Pacific | Prestige | Ray Fowler | RCA victor | Riverside | Roost | Roulette | Rumsey Lewis | Savoy | Specialty | Tampa | United Artists | Verve | アイリーン・クラール | アル・コーン | アン・バートン | アート・ファーマー | アート・ブレイキー | アート・ペッパー | アーニー・ヘンリー | アービー・グリーン | アーマド・ジャマル | ウイルバー・ウエア | ウイントン・ケリー | ウエス・モンゴメリー | エセル・エニス | エディ・コスタ | エリオット・ローレンス | エリック・ドルフィー | エルヴィン・ジョーンズ | オスカー・ピータースン | オスカー・ムーア | オムニバス | オリジナル盤 | オーネット・コールマン | カーティス・カウンス | カーティス・フラー | キャノンボール・アダレイ | ギル・エヴァンス | クインシー・ジョーンズ | クリス・コナー | クリフォード・ブラウン | ケニー・クラーク | コルトレーン | コートにすみれを | サウンド・オブ・ミュージック | サックス吹きラベル | サラ・ヴォーン | シナトラ | ショーティー・ロジャーズ | シリアルナンバー | ジェリー・マリガン | ジミーロウルズ | ジミー・ウッズ | ジミー・ギャリソン | ジミー・クリーヴランド | ジミー・ロウルズ | ジャズ | ジュリー・アンドリュース | ジョアン・ジルベルト | ジョニー・ホッジス | ジョージ・オールド | ジョージ・ラッセル | ジョー・ゴードン | ジョー・バートン | ジョー・プーマ | スコット・ラファロ | スタン・ケントン | スタン・ゲッツ | ステレオ1100番シリーズ | セルジオ・メンデス | セロニアス・モンク | セント・ジェームズ病院 | ソウル | ソニーボーイ | ソニー・クラーク | ソニー・ロリンズ | タッド・ダメロン | チェット・ベイカー | チック・コリア | チャーリー・パーカー | チャーリー・マリアーノ | チャーリー・ミンガス | チャーリー・ラウズ | テンダリー | ディスク36 | ディック・ツアージック | ディック・ナッシュ | デクスター・ゴードン | トケビ市場 | トニー・スコット | トニー・ベネット | トミー・フラナガン | トロンボーン | ドン・エリオット | ナベサダ | ネムジャズイン | ハロルド・ランド | ハワード・マギー | ハンプトン・ホウズ | バスクラリネット | バディ・コレット | バド・シャンク | バラード | バリー・ガルブレイス | バート・バカラック | ビル・エヴァンス | ビル・パーキンス | ピチカット | フィル・ウッズ | フランク・ロソリーノ | フリップ・フィリップス | ブッカー・アーヴィン | ブッカー・リトル | ヘンリー・グライムス | ヘンリー・マンシーニ | ベン・ウエブスター | ペッパー | ペッパー・アダムス | ペテュラ・クラーク | ペデルセン | ペレス・プラード | ボサノヴァ | ボビー・スコット | マイルス・デイヴィス | マッコイ・タイナー | マット・デニス | マトリクス | マーク・マーフィー | ミシェル・ルグラン | ミュージカル映画 | ミルト・ジャクソン | ミルト・ヒントン | メイナード・ファーガスン | モンクス・ミュージック | ライオネル・ハンプトン | ラビット・フット・レコード | ラムゼイ・ルイス | ランディ・ウエストン | リッチー・カミューカ | リッチー・カムカ | リーフラベル | リー・コニッツ | レイ・ブラウン | レコード | レコードリスト | レコード収納 | レコード吊り棚 | レコード床置き | レス・スパン | レッド・ガーランド | レッド・ミッチェル | ロイ・へインズ | ロリンズ | ローリンド・アルメイダ | ワリー・ハイダー録音Wally Heider | ヴァージル・ゴンザルヴェス | ヴィニー・バーク | ヴィブラフォン | ヴィブラート | 名曲堂 | 小林 旭 | 日記・コラム・つぶやき | 東大門 | 秋吉敏子 | 立花実 | 艶ありラベル | 艶なしラベル | 赤ラベル | 長方形ロゴ | 限定盤 | 音符ラベル | 香港  | 10インチ盤 | 25センチ盤 | 7インチ | <やったあレコ> | <ジャズ回想> | <ジャズ雑感> | <思いレコ> | <旅レコ> | <発掘レコ> | UKcolumbia