ネムジャズイン

2005年6月 8日 (水)

<旅レコ 第2回> セロニアス・モンク/モンクス・ミュージック

~前回の続き・・・ネムジャズインは、毎年土曜日の夜、徹夜で敢行されていた。明け方近く、ラストのセットは「ナベサダのリハーサルバンド」ラストナンバーは・・・<トリステーザ/悲しみ>という曲だ。

CIMG0001

《タクト/日本コロムビアのEP盤4曲入り。後に地元の古本屋~ミヤザワ書店だったかな~で購入。そしたら狙い通り、「あの曲が入っていた!それで、あのサンバ曲が<悲しみ>トリステーザと知ったのだ。ひょっとしたら、<トリステ>と呼ばれているかもしれない。》
・・・このトリステーザが、サンバのリズムで実にゴキゲンな演奏だったのだ。ナベサダやら峰厚介らのソロの後、エンディングはテーマの終わりでブレイク!しばし沈黙・・・バンドも聴衆もああ終わったのか・・・と思ったその瞬間、ナベサダがホイッスルを吹く!そしてそのホイッスルでカウントをとると、再びサンバのリズムが始まる・・・。楽しかったジャズの一夜が、まもなく終わる・・・終わってしまう。いや、まだ終わりたくないんだ! そんな気持ちがナベサダにもバンドにも聴衆にも満ち満ちており、~ブレイク~ホイッスル~カウント~サンバ。これを何度も何度も繰り返す。あの「悲しみ」の印象的なテーマ~楽しくて、明るくて、踊りだしたくなるような、それでいて、ちょっと哀しいようにも感じる、あの素晴らしいメロディが、すっかり、体中に沁みこんで しDSCN0696まったようだ。
そうして、ステージ左後方の空がすっかり白く明るくなった頃、ようやく最後のブレイク・・・ホイッスルは鳴らなかった・・・終わった。台風の風雨と、それを跳ね返すほどの美しい音楽の一夜が、とうとう終わってしまったのだ。《右の写真は雑誌からの切り抜き》

そのまま帰路。ネムの里から「鵜方」という駅までのバスが大混雑だったので、兄貴と僕は、「歩いていこう!」 そのまま徒歩で駅まで向ったのだ。海辺の丘からの長い坂道を下り、入り江沿いの道をトボトボと。1時間半は歩いたなあ・・・。鵜方から近鉄特急で名古屋まで戻るが、なぜかそのまま豊橋には帰らない(笑)それからちょっと、栄方面に寄ったのだ。徹夜の割りには、やけに元気だ。どうやら、ジャズの余韻が残っていて、やたらとハイになっていた高校生だったようです。(笑)

栄から納屋橋方面に5分ほど歩いたあたりに、朝日神社という小さい神社があり、そこを過ぎたあたりに「名曲堂」というレコード屋を見つけた。雑居ビルの1Fにある10坪ほどの小さな店だった。国内盤を置いてある店舗との仕切りガラスの外側~つまり他フロアに行くための通路のガラス寄り~なんと、そんな埃っぽい場所に、ジャズの輸入盤コーナーがあったのだ。
「秋吉敏子」の回に書いたように、当時は新品レコードが2000円~2200円くらいだったので、1500円前後で手に入るジャズの輸入盤には、かなりの魅力があったのだ。今思えば、その頃、手に入れた輸入盤は、60年台後半にアメリカで再発されたニセステ「モノ音源を擬似ステレオ化した盤」が多かったのだ。・・・でも当時(1972年)はそんなことは判らない。「安い」から外盤を買っていたのです(笑)
この名曲堂で、時間をかけて1枚だけ選んだのが~

Thelonious Monk/Monk’s Music(Riverside:RS-3004)CIMG0005

もちろんリバーサイドのオリジナル1stではなく、67~68年頃の米再発盤らしい。こげ茶の環っかラベルの 「abc Riverside」と呼ばれる盤だ。この盤も”electronically rechanneled for stereo” と表示されていた。擬似ステ盤の場合、「ステレオ」モードで聴くと、たいていは・・・
<低音と高音を強引に左右に振り分けてエコーをガンガンにかけたような>不自然な音質と音場感にになってしまう。そんな擬似ステ盤を聴くときには、しかたないので僕の場合は、「モノ」にして聴くことが多いのだ。
ところが不思議なことに、このabc Riverside盤からは、そういった不自然さを感じない。アンプのモードを「モノ」から「ステレオ」に変えても、ほとんど音質/音場感が変わらないのだ。僕の耳にはどう聴いても「モノラル盤」の音なのだ。
コルトレーンやホウキンスのテナーも生々しい。ウイルバー・ウエアのやけに重くて、バカでかいベース音。ブレイキーの少々やかましい(笑)しかしパワフルなハイハットもギシギシと鳴る。モンクのピアノも、強いタッチの力感が充分に感じられる。これらの楽器の音が、中央付近にギュッと詰まった
「大迫力のモノラル盤」の音と思う。特に<well,you needn’t>でのコルトレーンのもがくようなソロ、ウエアの超個性的なリズミックなソロ。もう最高!ジャズの醍醐味ここにあり!(*同一盤をお持ちの方、その音質など、ぜひコメント欄にて、お知らせください)

この「モンクス・ミュージック」は、すぐに僕の大愛聴盤になった。と言っても、まだジャズLPを5~6枚しか持ってない頃のことだけど(笑)
ネムジャズインの興奮の余韻の残る中、初めて寄った名古屋のレコード店で、こんなにもいい盤(僕にとって)を見つけてしまった! なんだろう、この引き合う力は?ひょっとしたら、僕がっともっとジャズの世界に踏み込んでしまうようにジャズの神様が、仕組んだ「罠」だったのかもしれない。うん、それも、素敵な tender trap だったのだ。

・・・あれから33年も経った。今でもジャズという音楽を好きでいられることに感謝したい。(誰にともなく・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

<ジャズ回想 第1回>1972年のネムジャズイン~チックコリア

<1972年・夏>
その頃、毎年夏になると、三重県で、「ネム・ジャズ・イン」というジャズコンサートが開かれていた。高1だった僕は、「ライト・ミュージック」というギター雑誌を買っていて、それに付いていた応募ハガキで「ネムジャズイン」のチケット懸賞に応募しておいたのだが、夏のある日、小さな封筒が届いた。早速、開けてみると「ネムジャズイン招待券」!ジャズにはまり始めていた僕は、もう行くしかない!と、そんな訳で、僕は兄貴と二人で、1972年7月のネムジャズインに行くことになったのだ。その年の目玉は・・・チックコリア。1年ほど前に出ていた「ソロピアノ集」のチックコリアが来る!という印象が強かった。いや、ソロピアノのコリア、というより「サークル」の過激なコリア、というイメージもかなり残っていたようにも思う。その証拠に、ポスターやチケットに載っていたコリアの写真が、「丸メガネにヒゲ+バンダナ」のヒッピー風だった。どうも記憶があいまいだが・・・とにかく、あの「カモメ」は、まだ日本発売されてなかったように思う。Photo_2

その年のネムは・・・台風だった。夕方からもう風が強くて、夜になりとうとう雨も断続的に降り出してきて、それはもう・・・すさまじい雨だった。ネムはとにかく出演者が多い。早めの順で山下洋輔が出てピアノが痛んだ(らしい)。その後の出番のはずの菊池雅章がなかなか出てこない。どうやら出演をゴネテいるらしく・・・司会の油井正一が、「菊池くんの音楽はご存知のように大変に繊細なものだ。この台風と調律狂ったピアノでは僕の音楽は演奏できない、と彼は言っております。それも無理はないことだ。皆さん、なにとぞご理解ください」とかなんとか苦しい弁明をしたのだった。続けて「チックコリア氏のために用意したピアノ(ビニールカバーがきっちりかけられたいた)を使わせてもらえるよう、ただ今交渉しているので、しばらくお待ち下さい」
~てなわけで・・・多分、30分ほど僕ら聴衆は、大雨の中、待ってたのですが、だんだん一部の聴衆が騒ぎ出しました。そうこうしているうちに・・・油井正一がまた出てきて・・・「チックコリアが先に演奏してくれるそうです」 

DSCN0697「わお~!」 「Mr.チック・コーリア!」 「わお~」てな感じで、大雨の中、いきなり、コリアのソロピアノが始まったのです。その瞬間・・・・とにかくコリアの「みずみずしい音」が、野外の会場全体に「さあ~」と拡がっていった。 雨はちょっと弱まったり、いきなりざあ~っと強くなったりだったが、そんなことには関係なく・・・チック・コリアのピアノミュージックは・・・会場全体を包み、聴衆を魅了したのだった。   《このコリアの写真は、当時の音楽雑誌からの切り抜き》

モンクやマイルスを聴き始めてまだ間もない15才の僕も、もちろん、チックコリアの美しいピ アノに素直に感動したように思います。
(その後、徐々にハードバップジャズに入れ込み、ジャレットやコリアは、どちらかというと好みではない、ということがハッキリしてきたのですが(笑)) 

~この1972年7月のチック・コリアのソロ演奏は、僕の知る限りでは、未レコード化のはずだ。一ヶ月くらい後に、FM放送で何曲か流したのが唯一の(非公式)音源だと思う。そのFM番組は「長崎堂ハニーカステラ~ジャズなんとか」なる番組で、DJがなぜだか大平透というバリトンボイスの人。ソロ3~4曲は流したはずだ。・・・コリア自身が<フロッグ>と名づけた曲は・・・
大雨模様ということで、野外ステージのすぐ裏の方から「カエルの鳴き声」が聞こえていたので、そのカエルの声を聴きながら、ピアノの音の間に生かすようにして演奏したのだ、とかのコメントもおもしろかった。コリアのソロも素晴らしかったが、その後の「渡辺貞夫+チック・コリア」もとてもよかった。  <500マイルズハイ>も放送され、全部、エアチェックはした。 あれは・・・何度も聴いたカセットテープだが、今、すぐには見つからないので、確認もできないのだが・・・あのカセットテープ、まだ聴けるかなあ~

| | コメント (14) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A&M | ABC paramount | Alex de Paola | Argo | Bel Canto | Bethlehem | Candid | Clef | Columbia | Concert Jazz Band | Contemporary | Coral | Decca | Discovery | division of Liberty | Dootone | Dragon | Emarcy | Epic | ESP | Fantasy | Hal Valentine | Hi-Fi | I'll never be the same | Impulse | Intro | Jack Higgins | JAZZ HERO'S DATE BANK | Joday | Keytone | Liberty bluenote | Mode | my fevorite things | Nocturne | Norgran | Pacific | Prestige | Ray Fowler | RCA victor | Riverside | Roost | Roulette | Rumsey Lewis | Savoy | Specialty | Tampa | United Artists | Verve | アイリーン・クラール | アル・コーン | アン・バートン | アート・ファーマー | アート・ブレイキー | アート・ペッパー | アーニー・ヘンリー | アービー・グリーン | アーマド・ジャマル | ウイルバー・ウエア | ウイントン・ケリー | ウエス・モンゴメリー | エセル・エニス | エディ・コスタ | エリオット・ローレンス | エリック・ドルフィー | エルヴィン・ジョーンズ | オスカー・ピータースン | オスカー・ムーア | オムニバス | オリジナル盤 | オーネット・コールマン | カーティス・カウンス | カーティス・フラー | キャノンボール・アダレイ | ギル・エヴァンス | クインシー・ジョーンズ | クリス・コナー | クリフォード・ブラウン | ケニー・クラーク | コルトレーン | コートにすみれを | サウンド・オブ・ミュージック | サックス吹きラベル | サラ・ヴォーン | シナトラ | ショーティー・ロジャーズ | シリアルナンバー | ジェリー・マリガン | ジミーロウルズ | ジミー・ウッズ | ジミー・ギャリソン | ジミー・クリーヴランド | ジミー・ロウルズ | ジャズ | ジュリー・アンドリュース | ジョアン・ジルベルト | ジョニー・ホッジス | ジョージ・オールド | ジョージ・ラッセル | ジョー・ゴードン | ジョー・バートン | ジョー・プーマ | スコット・ラファロ | スタン・ケントン | スタン・ゲッツ | ステレオ1100番シリーズ | セルジオ・メンデス | セロニアス・モンク | セント・ジェームズ病院 | ソウル | ソニーボーイ | ソニー・クラーク | ソニー・ロリンズ | タッド・ダメロン | チェット・ベイカー | チック・コリア | チャーリー・パーカー | チャーリー・マリアーノ | チャーリー・ミンガス | チャーリー・ラウズ | テンダリー | ディスク36 | ディック・ツアージック | ディック・ナッシュ | デクスター・ゴードン | トケビ市場 | トニー・スコット | トニー・ベネット | トミー・フラナガン | トロンボーン | ドン・エリオット | ナベサダ | ネムジャズイン | ハロルド・ランド | ハワード・マギー | ハンプトン・ホウズ | バスクラリネット | バディ・コレット | バド・シャンク | バラード | バリー・ガルブレイス | バート・バカラック | ビル・エヴァンス | ビル・パーキンス | ピチカット | フィル・ウッズ | フランク・ロソリーノ | フリップ・フィリップス | ブッカー・アーヴィン | ブッカー・リトル | ヘンリー・グライムス | ヘンリー・マンシーニ | ベン・ウエブスター | ペッパー | ペッパー・アダムス | ペテュラ・クラーク | ペデルセン | ペレス・プラード | ボサノヴァ | ボビー・スコット | マイルス・デイヴィス | マッコイ・タイナー | マット・デニス | マトリクス | マーク・マーフィー | ミシェル・ルグラン | ミュージカル映画 | ミルト・ジャクソン | ミルト・ヒントン | メイナード・ファーガスン | モンクス・ミュージック | ライオネル・ハンプトン | ラビット・フット・レコード | ラムゼイ・ルイス | ランディ・ウエストン | リッチー・カミューカ | リッチー・カムカ | リーフラベル | リー・コニッツ | レイ・ブラウン | レコード | レコードリスト | レコード収納 | レコード吊り棚 | レコード床置き | レス・スパン | レッド・ガーランド | レッド・ミッチェル | ロイ・へインズ | ロリンズ | ローリンド・アルメイダ | ワリー・ハイダー録音Wally Heider | ヴァージル・ゴンザルヴェス | ヴィニー・バーク | ヴィブラフォン | ヴィブラート | 名曲堂 | 小林 旭 | 日記・コラム・つぶやき | 東大門 | 秋吉敏子 | 立花実 | 艶ありラベル | 艶なしラベル | 赤ラベル | 長方形ロゴ | 限定盤 | 音符ラベル | 香港  | 10インチ盤 | 25センチ盤 | 7インチ | <やったあレコ> | <ジャズ回想> | <ジャズ雑感> | <思いレコ> | <旅レコ> | <発掘レコ> | UKcolumbia