« <ジャズ回想 第2回> 1971年のバート・バカラック | トップページ | <ジャズ雑感 第5回>熱いベース奏者たち(A面) ヘンリー・グライムス »

2005年8月21日 (日)

<ジャズ雑感 第4回> The Birdland Stars On Tour (RCA victor)

つい揃えたくなるvol.1とvol.2~アル・コーンというテナー奏者。

50年代のジャズレコードには、vol.1、vol.2 というシリーズものが、けっこうあるようだ。たいていジャケが同じで色違い、あるいは似たデザインのジャケで一対になっていることが多い。僕は・・・このシリーズものに弱い(笑) オスカー・ピータースンのEP盤(Clef)など、色違いで5タイトルは、あるらしい。運よく(いや、悪くか)1枚でも入手したら・・・絶対に残りが欲しくなるようにできている。ずるいレコード会社め。(笑) そんなシリーズ物~揃いのものも不揃いのものも~気に入っているやつを、何枚か紹介したい。

Manny Albam/The Jazz Greats Of Our Time vol.1(coral)  これは、けっこう音がいい。8月1日の「ジョー・バートン」で書いたMCA幻のLP選集からも洩れていたはずだ。(後に紙ジャケCD化はされた)
Many Albamは、TV・映画でも有名なアレンジャーだ。この手のビッグ・スモールコンボ(あるいは・・・スモール・ビッグバンドというべきか:笑)は、いいソロイストが入っているかどうかがポイントだ。そして、この「~Our Time」は、パーソネルがいい。以下、7人の管奏者とピアノ・ベース・ドラムスのテンテットだ。050801
Gerry Mulligan
Al Cohn
Zoot Sims
Phil Woods
Bob Brookmeyer
Nick Travis
Art Farmer
なかなか粒揃いのミュージシャンばかりではないか。Coralは相当の予算をかけたのだろう。その証拠に・・・ジャケには12コマの写真~個々のミュージシャンの演奏中アップ写真(tpのニック・トラヴィス以外)~を配し、「ご覧のとおりの豪華なミュージシャンですよ」とアピールをしているのだ。実際・・・どの人のソロもいい。シムスはもちろんのこと、アル・コーンも全然負けてないし、またこういう場面でのフィル・ウッズというのは、これまたいいソロをとるのだ。張り切り具合がいい加減(ちょうどいい、という意味です:笑)に出るようだ。マニーアルバムという人を知らなかったとしても、このての盤は、パーソネルで中り(あた)をつければ、大丈夫です。好みのミュージシャンが、何人かでも入っていればいいのです(笑) 僕自身、アル・コーンを好きになってきたのは、まだこの7~8年くらいで、きっかけは・・・スタン・ゲッツも何かの盤で取り上げている<オー・ムーア>という素晴らしい曲の作者が、このアル・コーンと知って、それで、もうぐ~んと興味が湧いたのだ。枯れたような味わいの音色を持つ、いいテナーです。こういう職人的な味わいのミュージシャンを好きになると、もうこれは、ある意味、大変です(笑) こういうタイプの人は、サブで参加しているような渋い盤が、あまた存在するので、欲しい盤が一挙に拡がってしまうようです。

そのアル・コーンが大活躍する盤がある。 050801

The Birdland Stars On Tour (RCA victor)vol.1 LPM-1327 と vol.2 1328 である。パーソネルは・・・Al Cohn、 Conte Candoli、 Phil Woods、Kenny Durham(ジャケには、DorhamではなくDurhamと表記されている) John Simmons、 Kenny Clark、 Hank Jones。 この盤もいいメンツである。ず~っと欲しかったのだが、なかなか日本盤が出なかったはずだ。1年ほど前だったか、ようやく揃いで入手した。2枚とも、ジャケの左上には、「変な鳥がサックスを吹いているイラストとBirdland Series」というロゴが入っている。ジャケ右下のRCA Printed in USAのRCAの前にはCマーク(〇印で囲まれた)が付いている。レコード番号も連番になっているので、端(はな)から2枚分を発売する意図だったのかもしれない。1956年のライブの録音~モノラルということで、音質はそれほどいいとは感じないが、そんなことより演奏がいいのだ。アレンジの仕事が多そうなアル・コーンも、ここではソロをふんだんにとっており、ふくゆかなコーンの音色をたっぷりと味わえる。コンテ・カンドリやフィル・ウッズの張りのあるソロも聞かれる。この2枚は・・・機会があったら、ぜひ聴いてみて下さい。

さて、もう一対。こちらもRCA系だが、Vikレーベルから出た2枚だ。
Birdland Dream Band vol.1 (Vik) LX-1070
Birdland Dream Band vol.2 (Vik) LX-1077

DSCN0814 何年か前に、BMGから復刻LPで出たはずだ。これは、メイナード・ファーガスンのリーダーアルバムと言えるのかもしれない。というのは・・・正確に言うと、僕の手持ち盤の LX-1070の方には、「vol.1」と表記されてないのだが、1077の方には、Maynard Fergusonという名前と volume2 が表記されているのだ。よくあるケースだが、1070を発売したら、案外に好評だったんで、残りテープを集めて「vol.2」として発売したのかもしれない。その際、ファーガスン名義とした方がより売れるだろう、ということだったのでは、と思う。この2枚は、もちろん同じVikレーベルだが、微妙にジャケやセンターラベルの形式が違うのだ。共に、ジャケ右下に小さくRCA printed in USA とあるのだが、1070の方には、RCAのすぐ前に、「Cマーク」が付いている。そうして、1077(vol.2)の方には、RCAの前に何もない。センターラベルについても・・・Vikという字体、ラベル色などは、全く同一だが、LX-1070の方は、ラベルに印刷された同じレコード番号のすぐ下にA面(G4JP-7605)、B面(G4JP-7606)と表記されており、vol.2には、LX-1077という番号の下には何もない。 一般的に言って、CマークとかRマーク(なんらかの商標)が付くほど、時代が「新しい」はずだ。だから、僕の手持ち2枚は、1077(vol.2)のCマークなしが、オリジナルVikで、1070が、後年の再発Vikかもしれない。
この2枚は、完全にビッグバンドの編成で、vol.1の方は以下~
トランペット~4人(ファーガスン、ニック・トラヴィス、他2人)
トロンボーン~2人(ジミー・クリーブランド、エディ・バートかソニー・ルッソ)
サックス~4人(アル・コーン、バド・ジョンソン、ハーブ・ゲラー、アーニー・ウイルキンス)
これに、ハンク・ジョーンズ(p),ミルト・ヒントン(b)、ジミー・キャンベル(ds) というリズムだ。さすがに、ドリームバンドというだけのことはある。アレンジャーにもビル・ホルマン、マーティー・ペイチ、マニー・アルバムなど起用したようだ。バンドのサウンド・・・これはもう「張り切ったビッグ・バンド」だ。ファーガスンの「キンキン」の高音トランペットには、本能的にバンドメンを煽る(あお)機能があるみたい(笑)で、全体にすごくハイ・テンションな感じだ。だから・・・ところどころに出てくるトロンボーンの、ちょっと「緩い音色」~多分、ジミー・クリーブランド~や、テナーのアル・コーンのソロに、「ほ~っ」とするのは、僕だけだろうか(笑) でも、ファーガスン・・・たまに聴くとスカッとしますね。56年のこの頃からかなり有名だったわけで、ちょっと後の60年代初期のルーレット時代にも、とてもいいバンドを組んでいる。ファーガスンて、けっこうバンドのバランスを考えてるようで、サックスセクションにいいソロイストを配置してるようだ。ルーレット盤では、ジョー・ファレルが大活躍している。ああ、話しが脱線してきたぞ・・・このルーレット盤については、また別の機会に書きます。

さて、この「バードランド・ドリームバンド」。このバンド名からも、つい「バードランド」でのライブ録音かと勘違いしていたのだが、今、よくジャケ裏を見ると・・・「メイナード・ファーガスン指揮で、1956年9月7日、11日に、ウエブスターホール&スタジオ2で録音」と書かれているのだ! そういえば、拍手などどこにも聞かれない。それにしても、ジャケットの写真がバードランドでの演奏中のものなので、(あの「ステージ後ろのカーテン飾り」で、それと判る)ライブ盤だと錯覚してしまうのも無理はないなあ。ここでも・・・「ずるいレコード会社め」だ(笑) なお、vol.2は、56年9月24日、25日録音となっており、パーソネルも若干だが、変更している。

ちょっと余談だが・・・この頃のジャズのひとつのカテゴリーとして「東海岸の白人ジャズ」がある。この言葉は、僕の知る限り・・・ジャズ批評などにもたびたび登場する「吉岡祐介」という評論家が、言い始めた言葉(概念)のはずだ。イースト=黒人、ウエスト=白人 という単純な図式で語られることの多いジャズのスタイル(便宜上、分けるとき)に~いや、それだけじゃ無理だ。
実際には、「東海岸の白人ジャズ」みたいなカテゴリーが存在しているぞ~というような主張だったはずだ。(記憶が定かではないが、多分・・・ジャズ批評の「ウエストコースト・ジャズ」の特集号に掲載されていると思う)*[その後、吉岡氏ご本人からコメントを頂き、この記事はジャズ批評「ジャズ・50年代」に収録されているとのことです。興味の湧いた方はぜひ!]     どういうわけか・・・この「吉岡説」は、あまり広まらないようだが、僕はこの主張を全面的に支持したい。というのは・・・僕自身、昔はあまり興味のなかったハル・マクージックやアル・コーンらの演奏を、主にCoral系のレコードで、愛聴するようになってから、いわゆるウエストコーストとはちょっと肌合いの違うクールさ~ウエストものほど「カラッ」としてない~そんなものを意識し、またその雰囲気を嫌いじゃないぞ、ということを自覚してきた頃に、ちょうどこの「吉岡説」を読んだので、ピタリと合点がいったからなのだ。

先に「あるカテゴリー」のスタイルやら特徴を意識して聴くのではなく、偶然に聴いたレコードで、あるミュージシャンを意識し始め、その周辺を聴き込んでいったら・・・どうやらそれが「~と呼ばれるカテゴリー」だった、という流れでジャズを聴けること。僕はそれをとてもシアワセなことだと思う。カテゴリーというのは、便宜上、説明するのに、後付で考えた言葉(概念)であり、それ自体にとらわれて、「これは、~というカテゴリーだからいいんだ」なんてことはやはり・・・むなしい。やっぱり・・・まずは、「人」だと思う。ある「人」に興味を覚え、だからいろいろ聴いてみて、そうして「その人の個性」を好きになる(あるいは・・・嫌いになる)というようなことが、それを聴く本人にとって、意味があるのだ、と思う。(もちろん、どんなミュージシャンを好きになるかは、全く自由なわけだし) それにしても・・・ジャズの世界には、いろんな個性がある。ありすぎる(笑)  そして・・・やっぱりジャズは、やめられない。

|

« <ジャズ回想 第2回> 1971年のバート・バカラック | トップページ | <ジャズ雑感 第5回>熱いベース奏者たち(A面) ヘンリー・グライムス »

コメント

吉岡祐介さん、はじめまして。bassclefと申します。こんな個人的なブログの、また勝手にお名前を出して紹介した記事について、わざわざコメントを頂き、ありがとうございます。
「イーストコーストの白人ジャズ」~記事でも触れましたが・・・あれほどピタリと合点のいった言葉(概念)はめったにありません。あれを読んで納得した僕などでも~なぜもっと拡がらなかった(というより、その後の「ジャズのスタイル」に関しての記事で取り上げられなかったのか?~と不思議でなりません。書いたご本人の残念さは・・・。思うに「ジャズはスタイル/カテゴリーで、聴くものではない」という、極々の一般論的正論みたいな「気分」でもって・・・「まあいいじゃないの、ジャズは(黒人対白人で)」というような風潮なんでしょうね。もっと現実的には・・・この辺りまで、ジャズを聴きこむ方は少ない、ということだけなのかもしれませんね。
僕の場合は、アル・コーンやマリアーノ、ステュ・ウイリアムソンなどのレコードを並べる時の実際問題として・・・単に「ウエスト白人」の並びに繋げることに、微妙な違和感を覚え、そんな時に「吉岡さん説」を読んだので、おおっこれは!ということで「全面的支持」となったわけです(笑)
まあでも「吉岡説」・・・判る(感じる)方には判ってるはずです。またいろいろと(コメントにてでも)教えて下さい。では。

投稿: bassclef | 2006年4月 2日 (日) 10:25

私の愚説にご賛同を賜り恐縮にございます。
ご賛同頂きました「吉岡説」は「ジャズ50年代」の巻に収録されたものです。
当時世話になったディレクタや編集者たちも皆退職されたのを機に、すっかりジャズとは縁が切れてしまいました。
世間からは愚説と嘲笑されていますが、「吉岡説」は50年代当時はベツレヘムが本気で推進した「イーストコーストジャズ」の概念そのものをもう一度見直そうじゃないか、と持ち上げたに過ぎません。
その「持ち上げ」ぶりが愚かだと冷笑されましたが、それはイコール、ベツレヘムの輝かしい業績と企画コンセプトを否定することに他なりません。
・・・そういう人々がベツレヘムを「ジャズの聖地」と口にするほど空しく聞こえるものはありません。

そんなときにはむかし渡辺貞夫マイディアライフのスポンサー、資生堂が番組内で放送した「虫明亜呂無のブラバスエッセイ」で、たった一度聞き流しただけにも拘わらず「煙草臭き国語教師の明日と言う言葉ぞ空し」という強烈に心に残ったフレーズが思い出されます。

どうぞまた素晴らしいジャズの魅力を世の皆様にお伝えいただけますよう御活躍を応援いたしております。

投稿: 吉岡祐介 | 2006年4月 2日 (日) 00:03

「夜明け」(路傍さん)さん、どうもです。さっそく「熱烈帝都~」のリンク集、「ゴ笑覧」しました。いやあ・・・どのコメントもすごくおもしろい。紹介のブログ、全て見てみたい気持ちにさせる名コメントですね。僕の<夢レコ>へも、心温まる紹介をいただき、とてもうれしいです。しかし「熱血」とは・・・路傍さんの方にこそふさわしいタームですよ。路傍さんの日頃からの「熱血ぶり」には、全く感服しております。
それにしても・・・例えば、昭和歌謡を新設の「パヤパヤ~」で~洋楽ロック系を「帝都熱烈~」で、みたいな2本立てだと、これは・・・相当にハードですね。別ブログ(パヤパヤ~)の方、あまり突き詰めずにのんびりやって下さい。追伸:正直に言うと・・・「帝都~」はもう大好きなんですが、ライブドア自体には、あまり好感を持ってません(笑)システム不備とかも大変そうだし。ここは思い切って・・・(笑) ではまた。「帝都~」また見ますね。

投稿: bassclef | 2005年8月28日 (日) 09:43

拙ブログ「帝都熱烈音盤解放戦線」で、未完成だったリンク案内ページを完全なものにしました。
このたび、貴サイトについてもご紹介文をつけて掲載させていただきましたのでご笑覧ください。

投稿: 夜明けのティーンエイジャー | 2005年8月27日 (土) 17:53

54さん、夜コメント、どうもです。アイラ・ギトラー~50年代頃からのプレスティッジ盤の裏解説は、ほとんどギトラーだったみたいですね。
いくつかのOJC盤でその解説を読みましたが
名解説が多いですね。印象に残ってるのは、フィル・ウッズの「ペアリング・オフ」の解説です。フィル・ウッズ、G.クイルの2アルト、D.バードとK.ドーハムの2トランペットのセッションを、テニスのダブルスの試合に見立てて「長いラリーやいくつかのサービスエースも交え、激しくスイングして」とか「シングルプレーヤー
のトミー・フラナガンなどと表現。で解説の最後を・・・ベースのD・ワトキンスとドラムスのフィリー・ジョーの2人のリズムセクションに対し、「彼らなしでは、この試合はプレイさえできなかっただろう。お判りでしょうが・・・彼らがボールを供給したのだから」という一文で締めくくっております。なかなかウイットに富んだギトラー氏だなあ、と感心した記憶があります。あの偏屈なマイルスも このI.ギトラーのことは、認めていたようですね。
それと・・・すみません。記事の一部を間違えてました。
タイトルが・・・The Birdland Stars(RCA victor)でしたね。All Starsと書いてしまいました。さっき訂正しました。

投稿: bassclef | 2005年8月26日 (金) 23:35

久々の夜コメントです(笑)
そろそろ次の記事が出そうなので・・アル・コーンネタを、、、1975年のプレイ・イット・ナウを聴いてのコメントですが、僕は文章力無いのでこのレコードのライナーのアイラー・ギドラーが素晴らしいコメント書いてるのでその一部を紹介さしてもらいます。  訳=諸岡敏行氏
『本質的にアルは自分自身であり続ける。彼の進化とは、ただ時流に乗るため変化の海へ身を投じることではない。それは常に自然な吸収・消化だった。 40年中期の「ソニー・バーマン・ジャム・セッション」から「プレイ・イット・ナウ」まで、コーンの発展を辿る愉快な時を持つならば、そこに2つの一貫性を見出すだろう。
つまり、変わらぬ自分への誠実さ、そして、知性と情緒の水路の絶えざる深化と拡大だ。
ブルースをも演奏できる思索家はぼくの心に無条件に訴える。~』
今日、バードランド・オールスターズ~Vol.1、たぶんオリジゲットしました。
bassclefさん、楽しいですねージャズは・・笑

投稿: 54 | 2005年8月26日 (金) 20:28

54さん、こんにちわ。またまた朝コメントですね(笑) メッセンジャーズのVik盤~裏ジャケの貴重な情報、ありがとうございます。「Cマーク」~記事にも挙げたVictor盤の「Birdland Stars」の方には、2枚とも付いてました。盤やジャケ自体には、充分「古み」もあるし、54さんの「1103」も含めて・・・ひょっとしたら、
「Cマーク」付いてる方が、オリジナルかもしれませんよ。よく判りませんね(笑) みなさんの
手持ちの「Vik盤情報」をぜひお知らせ下さい。

投稿: bassclef | 2005年8月24日 (水) 09:26

BOSEさん、こんにちわ。アル・コーン・・・彼の本領を味わうには・・・アル&ズートを聴くよりも、やはりテナー1本だけで、じっくり吹いている盤の方がいいですね。BOSEさんの挙げられたAL COHN QUINTET(CORAL)~いいですね。ボブ・ブルックマイヤー(tb)も入ってますが、2人の音色の相性もよくて、僕も好きな盤です。なぜだかこれだけCDなんですが(笑)
<Winter><I Should Care>あたりは、
コーンの「しみじみ音色」が堪能できますね。

投稿: bassclef | 2005年8月24日 (水) 09:14

おはようございます。
昨夜、VikのLX-1103、ジャズ・メッセンジャーズを久しぶりに聴いたのですが、これはbassclefさんが大好きなグリフィンがいた頃のメッセンジャーズ、バリバリ吹いてますがペットのビル・ハードマンも悪くない!
ところで裏ジャケのother new jazz L.P.’s on VIK で LX-1070 が紹介されてます。  ご指摘の通り、この時点でvol・2の予定はなかったようですね~。
ところで僕のLX-1103、オリジと思ってましたが、ジャケ右下のRCAの前にc(○囲み)があります。 という事は2ndか?
気になるところです。

投稿: 54 | 2005年8月24日 (水) 06:34

こんばんは。bassclefさんの絹糸が紡ぎ出されるような語り口に感服しております。アル・コーン、結構好きなのですが、ご紹介のレコード、後の二つは知りません。あぁ、欲しくなってきたー。
ところでアル・コーンやハル・マクージック、確かにパシフィックやコンテンポラリーと違い、私にも少し暗いイメージがあり、そこが好きです。何というか、ジャケットも西海岸とは違い、陰がありますし。今、AL COHN QUINTET(CORAL)聴いてます、 bassclefさんの仰せに頷きながら。

投稿: BOSE | 2005年8月23日 (火) 23:52

54さん、こんにちわ。忙しそうですね。しかし、
その合間に・・・アイラーを聴くとは!さすがに
「ジャズ性根」が座ってますね(笑) アイラー・・・あのサウンドは・・・本能で吹いてるような感じですね。私的には、ベースのゲイリー・ピーコック絡みで聴いた<スピリチュアル・ユニティ>がどうにも印象に残っております。よしっ!久しぶりにアイラー、聴いてみるかっ。

投稿: bassclef | 2005年8月22日 (月) 21:52

おはようございます。
土日も仕事でつぶれレコード聴けなかったなー残念!  bassclefさんのレコード紹介は知らないレコードばかりですがその解説で聴きたくなってしまいますね。
なにぶんにもご本人が愛情タップリだからこちらにも伝わるものが違います。
聴いてみたい、欲しい、と思わせます。罪作りです。(笑)
休めなかったはずの僕もなぜかレコードだけは買ってます。(笑)
夜9時までのレコード店に9時半ごろに押しかけ、アイラーのUK盤を2枚ほどゲットしました。
11時過ぎにアイラーを遠慮がちに聴きました。
久しぶりのアイラー、ファーストとマイネーム・イズ~、この頃は聴きやすいし大好きなんです。
ジャズは幅広いですね~深いですね~止められません(笑)

投稿: 54 | 2005年8月22日 (月) 06:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111502/5570925

この記事へのトラックバック一覧です: <ジャズ雑感 第4回> The Birdland Stars On Tour (RCA victor):

« <ジャズ回想 第2回> 1971年のバート・バカラック | トップページ | <ジャズ雑感 第5回>熱いベース奏者たち(A面) ヘンリー・グライムス »