トップページ | 2005年6月 2日 (木) »

2005年5月29日 (日)

<旅レコ 第1回> ロリンズ/ニュークス・タイム

どうにもジャズが好きだ。この30年ほど、いろんな場所でいろんなレコードを買ってきた。そりゃあ好きな盤はいっぱいあるが、旅先で手に入れたレコードには特別な印象が残っているようだ。そんな盤を<旅レコ>と名付け、少しづづ紹介していきたい。

Sonny Rollins/Newk’s Time(bluenote:liberty UA音符ラベル)

DSCN0770 1980年秋に社員旅行で神戸に行った。宴会の後、うまく抜け出して三宮の雑居ビル2Fにあった「星電社」(タワーレコードという名前になっていたように記憶している)で購入。1800円ほどだったか。ラベルは、オール青の音符マークなので、それほど価値のある盤ではない。ジャケット左上にstereo表示があり、electronically rechanneled for stereo などの表記もないので擬似ステレオじゃあないようだ。聴いた感じは・・・左チャンネルにドラム・ピアノ・テナーが片寄ってベースだけが右チャンネル、というちょっと偏ったバランスだが、全体の音質はわりと自然な感じだ。フィリージョーのパキパキと鳴るドラムやダグ・ワトキンスのぶっといベース、それからもちろんロリンズの大きく膨らんだテナーなど、それぞれの楽器の音もそれほど悪くない。リバティ時代にオリジナルステレオ音源で再発されたものは、ソニークラークのクールストラッティンなど他にもけっこうあるようだ。 リバティのオール青ラベルは、UA(united artists)の文字もあり、多分、ブルーノート外盤では一番安いシリーズだろう。内袋の音符マークも、なぜか軽々しい感じがして哀しい(笑) でも、とても好きな盤だ。

このレコードを買った後、すぐ近くのジャズ喫茶(木馬という名前だったかな)に寄った。旅先の夜、一人で聴くジャズ・・・リクエストしたマイルスのミュートの音色(ネイロ)が妙に心に沁みてきた。 

ああ、これだから、ジャズは止められない。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年6月 2日 (木) »